草津温泉の入浴剤が入った浴槽にゆずを浮かべ「身を清め」むかった先は?

宴会

定年後、「夢見る爺さん趣味の部屋パート1」から初めて8年、それから3年「夢見る爺さん趣味の部屋パーⅡ」に引っ越し今まで12年続けていたが、そのブログが「このサイトは、すでにサポートが終了している古いバージョンの PHP を実行しており、AIOSEOで問題が発生する可能性がある」との理由だろうと思うが機能しなくなり新規に開設することに。

「夢見る爺さん趣味の部屋パーⅡ」は思い出と共に消えたが「パート1」は見れます。

今までの旅、キャンピングカー、快適化など「夢見る爺さん趣味の部屋パート1」はこちらから

冬至こんな日はゆず湯で体を温めましょう。

何度も書いているがこの冬一番の冷え込み、朝起きて室内の温度は5度、幸いに雪は積もっていなかったが、この冬初めての霜柱がたっていた。

12 月 22 日(金)は「冬至」、一年の中で昼間がもっとも短くて、夜が最も長くなる一日で、冬至は、1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められる「二十四節気」のひとつ冬至には、古くからゆず湯に入る慣習があり、ゆず湯に入る理由は、「冬至は運が向いてくる大事な日」であることに由来してるとの事。古来から強い香りは邪気を払うと伝えられていて、旬を迎えた香りの強いゆずをお風呂に入れることで「身を清める」とされているようで、職場の方から”ゆず”を頂いた、今からゆず湯に入り「身を清め」、「♪12月は忘年会でさけがのめるぞ~」と言うことで「♪酒が飲める・酒が飲める」忘年会に行ってきます。

草津温泉の入浴剤にゆず湯を浮かべ「身を清め」むかった先は?

職場の方から”ゆず”を頂いた、ゆず湯に入り「身を清め」、「♪12月は忘年会でさけがのめるぞ~」と言うことで「♪酒が飲める・酒が飲める」忘年会に行ってきます。”と”言うことで、草津温泉の入浴剤が入った浴槽に”ゆず”を浮かべ柚子香るお風呂で「身を清め」むかった先は。

料亭「〇〇〇〇屋」金屏風にステージもある豪華な部屋、大中小色々部屋があるようで、熊本地震後に建て替えられた。

受付で会費を払い、手作りの折り紙の中に入っている番号の席に着く、先輩、上司関係ない、色々余興も催されコロナ明けの久しぶりの楽しい忘年会だった”が”・・

お開きになり娘に迎えに来てもらっが、まだ9時過ぎ、中途半端で帰る爺さんではない、娘に怒られなが地元のスナックまで送ってもらい午前様まで一人飲みしていた夢見る爺さんにポチッとお願いします。

一日一善・どれかと乾杯していていただけると10ポイント入り更新の励みになります。

コメント