連休2日目主夫して、やっと年賀状作成した。

日記・雑談

定年後、「夢見る爺さん趣味の部屋パート1」から初めて8年、それから3年「夢見る爺さん趣味の部屋パーⅡ」に引っ越し今まで12年続けていたが、そのブログが「このサイトは、すでにサポートが終了している古いバージョンの PHP を実行しており、AIOSEOで問題が発生する可能性がある」との理由だろうと思うが機能しなくなり新規に開設することに。

「夢見る爺さん趣味の部屋パーⅡ」は思い出と共に消えたが「パート1」は見れます。

今までの旅、キャンピングカー、快適化など「夢見る爺さん趣味の部屋パート1」はこちらから

連休2日目、少しずつ家の事をし始めた。

昨夜は今年最後の満月、12月の満月はコールドムーンと言う様だ。

連休2日目、少しずつ家の事をし始めた、夢婆さんも膝の手術後、順調に回復し、保々普通の生活が出来るが、転んだり膝の打撲等は用心しなければならないが、手術前と比べると積極的なんでもするが、仕事するには夢爺さんの方が速い、風呂掃除は誰かが毎日する、トイレも頻繁にするが、この日は特に念入りに、そのあとは掃除機、モップを掛けて、何時もの”汚れを落として艶もだす”のスプレーを片手にシュシュしながらクルクルで拭きとる、これでするようになり楽で頻繁にするようになった。

家の掃除は午前中、午後からは気がかりだった年賀状の作成、パソコンが壊れ、今使っている以前のPCに住所録だけは作っていたので、デザインが決まれば後は楽だが、先ず宛名を印刷し、差し出す人により文面をかえるので、1枚、2~3枚と印刷するので結構時間はかかる。

SNSの普及や、年賀はがきの価格高騰などを理由に、高齢者だけでなく幅広い世代で年賀状離れが進み、「年賀状じまい」や「終活年賀状」の需要も高まっているようだが、生涯青年の夢爺さん、切羽詰まってからだとやらないが、年に1回の事、デザインを考えたり、近況報告がてら受取人のお顔を思い出し文面を考えるのも楽しいもんだと、出来栄えに自己満足している夢見る爺さんにポチッとお願いします。

一日一善・どれかと乾杯していていただけると10ポイント入り更新の励みになります。

コメント