PR

日々変化する夢爺号?今度はどこを?

雨はふらないが何とも蒸し暑い一日、この天気もあと一日か?今度の週末にかけズート雨マーク、こちらの田植えは2日前に終わったようだが、いよいよ降らなくても困る、降り過ぎても迷惑な本格的な梅雨入りか。今度の週末の何時のも仲間とのグランドゴルフはどうなるか?てるてる坊主でも造りましょう。

仕事から帰るとバージョンを替えて「こうべを垂れて」迎えてくれる夢婆さんが育てたけなげなダリアです。

デスク周りの快適化

座席のフラット化が出来上がりデスク周りがきになりはじめ、ぶっ壊し快適化することに。雨の日に後部でまったりしているときに運転席に用事でいちいち傘さして外に出るのは苦になる、もともとは出入りできたのをつぶしこのようにしていたが、これはこれで見晴らしが良く気に入っていたが、ぜににはらは変えられず行き来ができるようにやり直し。

DSCF7685

PC台と階段を一体化していたのを切り離し、本箱があったところにPC台を取り付け、本箱は撤去。すっきりしました。壁紙も張り替え、補助シートがない分広く感じる。温泉博士、全国道の駅の本やらを立てるくらいは100均のこれで十分”と”一応出来上がったがこれで満足する夢爺さんではない。

DSCF7722

まだまだPC台の所が気になる。本がいつもこのように。まがった事が大嫌いな夢爺さん、気になり始めたら夜も眠れない夢爺さん、早速リニューアルに取り掛かる。

DSCF8480

この壁がなければどうなるか?中はどうなっているのか?気になれば夜も眠れない夢爺さん、何もなければ15cmほどの空間が現れるはず。ビス止めなのでビスを外せばよいが足元にはバッテリーBOXを取り付けており、この壁を外すにはBOXからサブバッテリーまでも外さなければならない。

DSCF8483

車検の事は少し気なったが、此処までぶっ壊し解体すればぶった切ることくらいは何ら怖くない、夢にまで見た空間現れるかぶった切ってみた、中は鉄柱に、スポンジの先は車体。思ったほどの空間はなかった、さすがに鉄骨まで切る勇気がない夢爺さん、さぁ~困ったどのようにしましょうかね?”と”言ったものの夢爺さの頭の中には完成図が描かれている。

DSCF8484

躊躇することなく鉄柱を避けて使えるところを残し後はコンパネで蓋を。保冷棚ではないが折角あけたので入るだけ余り物のウレタンウールを敷き詰める。

DSCF8494

後は開いた部分に寸法通りに造ったBOXをはめ込み周りを化粧べニアで仕上げて完成。総工費0円廃材使用。

DSCF8497

こんな所にW20cm・D10cm・H40cmの棚が出来上がり。車の中のデスクとは思えない、全然、雰囲気が変わりました。

これでデスク回りが快適化出来たと思いきやもう夢爺さの頭の中には次の図面が描かれている。

コメント