PR

中体連応援、そのごのドラエモン部屋パート2

一族揃って応援へ

夢爺さんの”てるてる坊主”頼みの甲斐もなく週末土、日曜と大雨、よって何時ものグランドゴルフは中止になったが、22日~23日と中体連予選が行われた。勝ち残れば県大会にでれる。

中学生のスポーツの全国大会である全国中学校体育大会について、日本中体連は、少子化への対応や教員の負担軽減などを理由に2027年度から9つの競技を実施しないことを決めたと発表した。実施されなくなるのは、水泳、ハンドボール、体操、新体操、ソフトボール男子、相撲、スキー、スケート、アイスホッケーの9つの競技、現在、夏は16の競技、冬は4つの競技の合わせて20の競技が実施されているが、これは少子化への対応や教員の負担軽減などを理由としたもの、中体連全国大会出場を目指して練習に励んできた子供たちはもちろん、指導者にとっても部活動の大きな目標となっていた全国中学校体育大会出場、目指す目標がなくなれば競技人口の減少につながらないか?子供たちが目標を無くさないように何らかの形を変えてでも何としてでも残してほしもんだ。

一族揃って応援、赤ちゃんを抱いているのは試合に出る3女の所の長女、4月に1月早く生まれたがすっかり顔立ちが整ってきた。3姉妹、試合するのは3番目、中学最後の中体連、勝てば県大会、勝てば全国体会が待っている。県大会は人吉で、気が早いが全国大会は新潟県のようだ。

前年度優勝、優勝旗返還、連覇を目指す。

出場校は4校、昨年2位の所と第一試合、一人1ゲームを落としが順当に勝ち上がり団体戦は優勝、孫も1セットも落とすことなく全勝。

初日は団体戦決勝までと、個人戦2回戦まで、孫は第2シードで2回戦から、勝つ事を祈ってこの日は退散。

大会2日目、個人戦3回戦から、3回戦勝てばベスト8。ベスト8から決勝に進めるのはリーグ戦で勝ち残った2人、はらはらする場面もあったが3勝し決勝、決勝は予想された通り第一シードの同じ学校の生徒ととの対決、この試合は何本取る事が出来るかが課題、対戦相手は県トップクラスの選手、よく頑張りました次は県大会で頑張れ。

トイレ・シャワールームはドラエモンの部屋パート2

造っては壊し、壊しては作りしているトイレ・シャワールーム、最初に造った引き出しは旅の間食べるだろうと思って入れていた保存食品、殆ど食べることなく持ち帰り、こんな引き出しは入らないと、トイレを設置。

最終的にはこの形、使用しているトイレはポルタポット335、通常の簡易水洗トイレとして使えるが処理が簡単なサニクリーンのトイレ処理袋ワンズケアなるものを使用し今でも使っている。

収納棚は多いほうが良いだろうとこんな所にも棚を造ったが取っ払い。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-205.png

換気扇取っ払い断熱材入れてコンパネで天井をはり、またしても欲張りな夢爺さん、少しの隙間を見つけ、またしても棚を設置。

照明を新たに取り付け洋服掛けを上に取り付け、これでしたに置いているもの、洋服をかき分けることなく見ることができる。

1週間ほどの非常食を確保。

これで完成かと思われたがまだまだ進化するドラエモンの部屋、今度はどこを?

一日一善・どれかと乾杯していただけると10ポイント入り更新の励みになります。

コメント